青山学院大学 国際センター

image

ビザ・在留資格

外国人留学生が日本に滞在する期間中を通じて、有効な在留資格を保持するために、必要に応じて出入国在留管理局で「在留資格変更許可」、「在留期間更新許可」などの申請を行い、許可を得なければなりません。「在留資格変更許可」、「在留期間更新許可」について、本学は代理申請を行っていませんので、各自の住居地を管轄する地方出入国在留管理局(支局または出張所)にて自身で申請を行ってください。また、休学などで日本の在留資格を失効して復学をする場合、本人または日本在住の代理人が、地方出入国在留管理局に「在留資格認定証明書」の交付申請を行い、取得後、本人が母国の日本国大使館または領事館において在留資格「留学」の査証の発給申請を行う必要があります。

在留管理について

全外国人留学生の在留資格および在留期限を出入国在留管理局へ定期的に報告します。

青山学院大学では、出入国管理及び難民認定法第19条の17に基づき、年に2回(4月/9月)外国人留学生の在籍確認と合わせて、在留資格および在留期限を出入国在留管理局へ報告します。
なお、除籍者、退学者、所在不明者が出た場合には、文部科学省および出入国在留管理局へ報告します。

以上の理由から、次の(1)から(5)に該当する方は、速やかに国際センターまで届け出てください。

  • 在留資格変更・在留期間更新申請等の在留手続が認められた場合
  • 在留カードを紛失し、在留カードが新しくなった場合
  • 在留資格変更・在留期間更新申請等の在留手続が不許可となった場合
  • 国際センターに登録しているメールアドレスを変更した場合
  • 休学を考えている場合

※ (1)、(2)に該当する方は、以下のいずれかの方法で国際センターへ報告してください。
所属キャンパスによって、報告方法が異なりますので、ご注意ください。

【青山キャンパス所属学生】
報告方法1 国際センター来室

(1)新しい在留カード、(2)パスポート、(3)学生証を持参し、国際センターへ来室してください。事前予約が必要な場合があります。最新情報を確認するようにしてください。

報告方法2 ウェブ報告

以下のリンクより必要情報の入力、データアップロードをしてください。

在留資格に関する申請結果報告フォーム

【相模原キャンパス所属学生】
報告方法1 国際センター来室

(1)新しい在留カード、(2)パスポート、(3)学生証を持参し、国際センターへ来室してください。事前予約が必要な場合があります。最新情報を確認するようにしてください。

報告方法2 メール送付

(1)新しい在留カード表面、(2)新しい在留カード裏面、(3)パスポートに貼付の資格外活動許可シールの写真を添付し、agu_iec_sc@aoyamagakuin.jp宛にメールを送付してください。

※資格外活動許可を申請していない場合は、その旨を明記してください。

出席確認について

在留資格「留学」は、本学での就学を目的に与えられた資格であり、授業に長期間欠席をしていると、大学から国へ報告をしなくてはなりません。本学では、すべての授業で出席確認を行ってはいないため、外国人留学生は授業へ出席をした際には、国際センター内に設置しているICカードリーダーへ学生証のタッチをお願いします。国際センターとしては、皆さんと顔の見える形で学生生活を支援していきたいと考えているため、何か不安や心配事がある場合にはタッチの際に気軽に相談してください。出席確認のみで国際センター来室の場合は事前予約不要です。

【注意点】

  • 授業で来校した際には、あくまで授業を受講したことを前提に、週1回を最小回数としてこのカードリーダーへ学生証を読み込ませてください。これにて出席確認とします。
  • 学生証を忘れないよう、常に携帯してください。
  • 国際センターの開室時間内に来室をしてください。
  • 時間帯によっては、混雑が予想されますので、以下の通り優先日を設けますので協力をお願いします。
    月曜:1年生、火曜:2年生、木曜:3年生、金曜:4年生
    (この曜日でしか確認ができないわけではないため、授業の履修状況に応じて調整してください)
  • 病気などの理由により、1週間に渡り授業に出られない場合には、理由とともにあらかじめ国際センターへ連絡をしてください。
  • 2週間以上、出席が確認できない場合には、個別に連絡をすることがあります(月末まで一度も出欠が確認できなかった方は、文部科学省へ長期欠席者として届け出ます。届出の履歴は将来の在留資格審査に影響する可能性があります)。

在留カードについて

日本に6ヵ月以上在留する中長期在留者に対して、「在留カード」が交付されます。在留カードは、上陸許可や在留資格の変更許可、在留期間の更新許可などの在留許可に伴って交付されます。在留カードは常時携帯することが法律で義務付けられています。学生証とともに、常に携帯してください。

在留カードの返納について

在留カードを所持する外国人の方は、以下の事由により所持する在留カードが失効したときは、失効した日から14日以内に法務大臣に在留カードを返納しなければなりません。

  • 中長期在留者でなくなったとき
  • 在留カードの有効期間が満了したとき
  • 再入国許可を受けて出国し、再入国許可の有効期間内に再入国しなかったとき、など

返納方法について、住居地を管轄する地方出入国在留管理官署に直接持参するか、指定の返納先に送付して返納する必要があります。このような事態が起こった場合は国際センターに連絡してください。残りの在留期間にかかわらず、期日までに返納しないと罰金に処せられることがあります。
本学を卒業し、母国へ戻る場合や、3ヵ月以上休学や留学で日本を離れる場合も、出国審査の際、必ず審査官に在留カードに穴を開けてもらうことで失効(返納)してください。
穴を開けてもらった在留カードは、出国後の国際センターへの報告で必要になります。

<出入国在留管理庁 在留カード等の返納について>

みなし再入国許可

みなし再入国許可とは、我が国に有効な在留カードおよび旅券を持って在留する外国人が、出国の日から1年以内に再入国する場合には原則として通常の再入国許可の取得を不要とするものです。みなし再入国許可の有効期間は出国の日から1年間ですが、在留期限が出国の日から1年を経過する前に到来する場合には在留期限までとなります。
みなしし入国許可により出国しようとする場合は、有効な旅券および在留カードを所持し、出国時に入国審査官に対してみなし再入国許可による出国を希望する旨の意図を表明してください。

在留資格取消制度

出入国管理及び難民認定法により、在留資格「留学」に係る活動を3か月以上継続して行っていない場合(外国人留学生が本学において修学を行っていない、あるいは留学・休学・卒業・修了・退学・除籍となった場合)は、在留資格取消の対象となります。ただし、在留資格「留学」に係る活動を行わず、日本に在留していることに正当な理由がある場合は、必ず国際センターに相談してください。
なお、在留資格が取り消される理由が悪質な場合には、即日強制または日本に5年間入国ができなくなり、日本での学修再開が認められなくなりますので、これをよく理解したうえで十分注意をしてください。